親の借金・子供の借金はどうしたらいい?肩代わりできないけど解決してあげたい

親の借金・子供の借金はどうしたらいい?肩代わりできないけど解決してあげたい

自分の親や子供から借金の相談を受けた時や発覚した場合、とても悲しい気持ちになるとおもいます。

自分に経済的な余裕があり、借金の返済分を貸してあげても自分の生活に影響がないなら助けてあげたいと思うのは家族なら当然だと思います。

その借金の理由が浪費の場合もあれば、病気で働けなくなったことが原因の場合もあるでしょう。

ただし借金の理由が何であっても、むやみに助けてあげることが本当の意味で解決になるのでしょうか?

言われるがまま、お金を出すことは解決方法ではありません。もちろん家族だからこそ見捨てることもできない気持ちもわかります。

まずは、正しい解決方法と対処法を理解し自分を犠牲にするのではなく、助けてあげられる範囲を決めましょう。

※私が法律事務所で働いていた経験から連帯保証人がいる場合の手続きをまとめてありますので参考にしてください。

\おすすめです/

これから過払い金請求や債務整理をしようと思っている方は、過払い金がいくら発生してているか気になるところだと思います。消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所なら、無料で過払い金の調査ができます。

過払い金の調査だけの利用もOKですし、そのまま依頼することも可能です。まずは、杉山事務所で過払い金がいくら発生しているかチェックしてみましょう。

杉山事務所の公式サイトを見てみる

親の借金・子供の借金の返済義務はない

自分の親や子供が借りていた借金を支払えなくなってしまった時、代わりに払わなくてはいけないと考えている方もいると思いますが、まず法的には「借金を代わりに支払う必要性は一切ありません。」

返済義務はあくまでも借入名義人にあります。

たとえ親族関係であろうが、返済義務が勝手に家族に発生するということは絶対にありません。

まずは家族だからといって法的に返済義務はないということを理解しておきましょう。

\おすすめです/

これから過払い金請求や債務整理をしようと思っている方は、過払い金がいくら発生してているか気になるところだと思います。消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所なら、無料で過払い金の調査ができます。

過払い金の調査だけの利用もOKですし、そのまま依頼することも可能です。まずは、杉山事務所で過払い金がいくら発生しているかチェックしてみましょう。

杉山事務所の公式サイトを見てみる

貸金業者からの第三者請求は違法「貸金業法」

貸金業法(かしきんぎょうほう)とは?

借金の貸出しをしている金融業者がヤミ金など(もともと法律を守らない)業者でない限りは、「貸金業法」という法律があり、消費者金融とクレジットカード会社は貸金業者法の対象となる業者です。

ただし、クレジットカード会社で貸金業法が対象となるのはキャッシングに対してです。

ショッピングに関しては「割賦(かっぷ)販売法」が適用されます。

銀行は「銀行法」という法律の適用を受けるので、同じお金を貸すのでも貸金業者とは異なり、貸金業法の適用を受けません。

ただし銀行法にも回収・取立てに関する規約はあります。

第三者請求は違法

消費者金融やクレジット会社、銀行は法令順守している会社がほとんどで、返済義務がない家族や親族に代わりに返済をしてほしいと言ってくることはありません。

まれに、悪質な貸金業者から返済を滞納しているから代わりに支払いや立替えができないかということを遠回しに言ってくることがあります。

これは貸金業法で禁止されていることなので、借金をしてしまった家族が「貸金業者に家族から借りてと言われた」と相談を受けた場合は違法な取り立てに該当します。

貸金業法ではほかにも取立てに関する細かい規約があり、家族が下記のような督促を受けている場合はすぐに弁護士や司法書士の専門家に相談してください。

<貸金業法>

<①早朝・深夜の電話・FAX・訪問>

正当な理由なく、早朝・深夜の電話(午前8時前及び午後9時以降)・FAXの送信・債務者等の居宅への訪問は禁止されています。


<②債務者側(借主)が一定の対応をしている>

債務者側が積極的に返済、あるいは連絡をしている、相手からの連絡も受けている場合、債権者は借金の返済に協力的ともいえます。

対応をしているのに貸金業者側から何度も連絡をする行為は禁止されています。


<③勤務先等に対する取り立て>

正当な理由なく、貸金業者が、債務者等の勤務先その他の居宅以外の場所に電話をかけることを禁止しています。

その他、電報やファックスの送信・訪問も禁止しています。


<④借入の事実等を第三者に明らかにすること>

はり紙や立看板、いかなる方法であっても債務者の借入れに関する事実や債務者の私生活に関する事実を第三者に明らかにすることを禁止しています。


<⑤資金調達の要求>

貸金業者側が、返済の資金を「自分の家族や親族、友人・知人、勤務先・他の金融機関などから借り入れて払って」と要求する行為を禁止しています。


<⑥第三者への弁済要求等>

貸金業者側が家族や親族、友人・知人、勤務先以外の者に対し、債務者が払わないから代わりに支払ってほしいと要求することは禁止されています。


<⑦弁護士や司法書士からの受任通知受領後の取り立て>

弁護士や司法書士が債務整理に関する通知をだし、貸金業者がこれを受け取った後に正当な理由なく、債務者本人に取り立てを行うことは禁止です。


<⑧上記①~⑧のような事をする!と告げて返済を迫る行為>

貸金業者が、圧迫的な取り立てを行うことは禁止されています。

①~⑧のような事をするぞ!と精神的に追い詰めることを発言することも禁止されている行為です。

\おすすめです/

これから過払い金請求や債務整理をしようと思っている方は、過払い金がいくら発生してているか気になるところだと思います。消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所なら、無料で過払い金の調査ができます。

過払い金の調査だけの利用もOKですし、そのまま依頼することも可能です。まずは、杉山事務所で過払い金がいくら発生しているかチェックしてみましょう。

杉山事務所の公式サイトを見てみる

発覚しにくい借金の調査方法

親や子供、家族の借金は、「迷惑はかけられない」と考えている場合が多く、返済が苦しい状況になっていても相談せず、他の業者から借入して返済をしていたりするので発覚した時には取り返しがつかない最悪な状態になっているケースが非常に多いです。

その場合は本人も自分の借入先をすべて把握していないことがあります。

信用情報機関に開示請求をすることでどこから借入したのかを確認することができます。

それぞれ、問い合わせをして必要書類を郵送することで開示してもらえます。

本人の承諾があれば代理人の開示請求も可能です。

また、信用情報機関に申し出をしておき、今後この家族に「お金を貸さないように」と申請しておくことが可能です。

私が法律事務所で働いていた経験から本人以外が勝手に債務整理をできるかまとめてあるので参考にしてください

<信用情報機関は3つ>

・JICC・・・主に消費者金融、大手銀行などが加盟している機関

・CIC・・・主にクレジットカード会社などが加盟している機関

・KSC・・・主に地方銀行含む全国の銀行などが加盟している機関

子供側・親側から借金を自主的に肩代わりすることは可能

貸金業者側からの第三者請求は違法ですが、第三者のほうから借金を肩代わりすることは問題ありません。

親も子供も失敗することはあります。予定通りに返済ができない状況になってしまうこともあるでしょう。

家族だからこそ援助するのか、言い方は悪いですが、あえて見放すのかについては家族で相談する必要があります。

ただし肩代わりすることになっても、本人の承諾なしに貸金業者に家族だと名乗り出て電話をしても個人情報なので、契約があるかどうかさえ教えてもらうことができませんのでその場合は本人も同席の上で借金がどこにいくらあるのか確認していきましょう。

\おすすめです/

これから過払い金請求や債務整理をしようと思っている方は、過払い金がいくら発生してているか気になるところだと思います。消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所なら、無料で過払い金の調査ができます。

過払い金の調査だけの利用もOKですし、そのまま依頼することも可能です。まずは、杉山事務所で過払い金がいくら発生しているかチェックしてみましょう。

杉山事務所の公式サイトを見てみる

連帯保証人になっていた時

借金はあくまで名義人本人にしか支払い義務はありませんが、保証人や連帯保証人になっている場合は返済の義務が発生します。

返済義務が生じるケースは大きく3つにわかれます。

また、保証人・連帯保証人・連帯債務者のどの立場なのかをきちんと把握したうえで貸金業者に対応する必要があります。

<3つのケース>

・連帯保証人

主債務者(借入名義人のこと)が返済できなくなった場合に、代わりに返済する義務があります。

・連帯債務者

主債務者と同等の立場にあり、常に返済する義務が生じているので債権者から請求をされた場合は返済する必要があります。

・保証人

主債務者が返済できなくなった場合、代わりに返済する義務を負うが、「催告の抗弁(さいこくのこうべん)」といって、まずは主債務者への請求を主張することができる。

また、主債務者に支払い能力があるにも関わらず返済を拒否していた場合、「検索の抗弁(けんさくのこうべん)」といって、貸金業者から主債務者に強制執行手続きを取るように主張することができます。

\おすすめです/

これから過払い金請求や債務整理をしようと思っている方は、過払い金がいくら発生してているか気になるところだと思います。消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所なら、無料で過払い金の調査ができます。

過払い金の調査だけの利用もOKですし、そのまま依頼することも可能です。まずは、杉山事務所で過払い金がいくら発生しているかチェックしてみましょう。

杉山事務所の公式サイトを見てみる

借金の返済と親と子供の扶養義務

民法(みんぽう)では、「直系血族及び兄弟姉妹はお互いに扶養する義務(生活扶助義務)がある」と定められています。

簡単に言うと、自分の子ども以外にも親や兄弟を扶養しなければならないということです。

よくドラマなどで縁を切るという言葉がでてきますが、日本には親と縁を切る法律はありません。

親が生活に困り、子に扶養を求めてくるというケースの場合でも、もし子が応じなかった場合、親は家庭裁判所に扶養の調停・審判を申し立てることができます。

ただし、扶養義務といっても、未成年の子どもに対してや、配偶者に対しての生活保持義務とは違います。

無理をしてまで面倒を見てあげることが義務ということではなく、自分の生活が第一で、経済的な余力があれば助けてあげるということです。

\おすすめです/

これから過払い金請求や債務整理をしようと思っている方は、過払い金がいくら発生してているか気になるところだと思います。消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所なら、無料で過払い金の調査ができます。

過払い金の調査だけの利用もOKですし、そのまま依頼することも可能です。まずは、杉山事務所で過払い金がいくら発生しているかチェックしてみましょう。

杉山事務所の公式サイトを見てみる

離婚した親に借金があるとき

両親が離婚していて、離婚後にはあまり交流がない方の親が、多額の借金をしていて親の死後に請求等が来て借金の存在が発覚するという場合があります。

生活を共にしていなかった場合は亡くなったという報告を受けたら、すぐに借金がないかどうかを調べる必要があります。

わからないと放置しておくと手続きが大変になります。

交流がなく、万が一プラスの財産があったとしても自分には必要がないという場合には速やかに相続放棄の手続きをしましょう。

裁判所に申し立てすることによって「プラスもマイナスも財産はすべて相続しない」という選択をすることで、たとえ借金があっても代わりに返済をする必要がなくなります。

借金の請求等が来ているとわかっている状態で、3か月以上放置すると相続放棄もできなくなり、単純承認したとみなされ、借金を支払う必要があります。

\おすすめです/

これから過払い金請求や債務整理をしようと思っている方は、過払い金がいくら発生してているか気になるところだと思います。消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所なら、無料で過払い金の調査ができます。

過払い金の調査だけの利用もOKですし、そのまま依頼することも可能です。まずは、杉山事務所で過払い金がいくら発生しているかチェックしてみましょう。

杉山事務所の公式サイトを見てみる

借金の解決方法

具体的に借金の総額やどこから借入しているのかを把握できたら次は債務整理をして借金を解決しなくてはなりません。

債務整理をするといわゆる「ブラック」な状態になりますが、親や子供が借金を自分で解決できない場合は借金生活から抜け出すチャンスにもなります。

一生ローンが組めないということではありません。

ブラックといっても一定期間で5年~10年の間です。そもそも本人か返済できないほど借金がある場合、今はブラックになっていなくても、いずれ借入できなくなるという点ではあまり変わりがありません。

生活状況によってどの手続き方法があっているのかを本人と話し合いましょう。

<債務整理の方法は4つ>

任意整理

→任意整理とは、今ある借金の将来利息をゼロにして元金のみを3年~5年の分割返済をしてく手続きです。手続きをする業者を選ぶことが可能です。

また弁護士や司法書士に依頼をしておこなう手続きのため、月々の返済額も減額する交渉も合わせて行ってもらえます。

個人再生

→個人再生とは、住宅ローンの返済中や守りたい資産がある場合に行う手続きです。

住宅ローンはそのまま返済を継続することで自宅に住み続けることができます。

それ以外の借金を裁判所でおおよそ五分の一程度まで減額してもらい、その借金を原則3年間の分割払いをする手続きです。

自己破産

→自己破産とは、いまある借金を裁判所を通してゼロにしてもらう手続きです。

ただし自宅や車など20万円以上の資産は処分の対象となりますが、返済の義務がなくなるため生活を立て直すことができます。

自己破産については職業制限などもあり、難しい手続きになりますので、弁護士や司法書士に相談しましょう。

特定調停

特定調停とは、借金している本人が裁判所に直接出向き、裁判所の調停員に間に入ってもらい、今ある借金の返済額を減額してもらったり、将来利息をさげてもらう手続きです。

ただし裁判所に平日に出向く必要があるため、本人に時間がない場合は難しい手続きになりますが、弁護士や司法書士に依頼する必要はありませんので費用が安く抑えられます。

\おすすめです/

これから過払い金請求や債務整理をしようと思っている方は、過払い金がいくら発生してているか気になるところだと思います。消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所なら、無料で過払い金の調査ができます。

過払い金の調査だけの利用もOKですし、そのまま依頼することも可能です。まずは、杉山事務所で過払い金がいくら発生しているかチェックしてみましょう。

杉山事務所の公式サイトを見てみる

まとめ

親や子供の借金が発覚した場合をまとめました。

親や子供の犠牲になる必要は全くありませんが、正しく借金問題を解決するためのサポートをしてあげることはできるかもしれません。

債務整理をすることで一定の期間借入ができないということを利用して、借金をしないで生活ができるよう前向きに考えましょう。

弁護士や司法書士の無料相談を利用して、本人にあった手続きを一緒に考えましょう。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金の回収金額がNo1
  • 週刊ダイヤモンド誌で過払い金の回収金額がNo1で紹介されています。東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌と全国8事務所に展開していて、該当地域だけでなく無料で出張相談もおこなっている過払い金請求に強い事務所です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 街角相談所-法律- 匿名・無料でベストな解決法をシミュレーション
  • 毎月10,000人以上が利用する借金問題のシミュレーター。解決率はなんと驚異の80%。24時間365日、過払い金だけでなく債務整理などの借金問題に関するすべてを無料で相談ができます。

    • 毎月10,000以上が利用
    • 解決率80%
    • 過払い金も債務整理も相談可能
    • 匿名・無料で利用可能
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応

    公式サイトへ

  • No.3
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 弁護士だからできる解決方法
  • 弁護士にしか弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は他の大手の法律事務所と違って、安心の全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日対応しています。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ

  • No.4
  • アディーレ法律事務所
  • アディーレ法律事務所は、池袋を本店とし、全国に76の支店を持つ法律事務所です。弁護士150名以上を含む総勢900名以上が在籍しています。過払い金請求や債務整理に特化し、借金問題の解決に取り組んでいます。「返金保証制度」を導入しており、満足できなかった場合、90日以内であれば着手金を全額返金するとしています。

    • 債務整理に関するご相談は何度でも無料
    • 弁護士費用は最大12回までの分割払いが可能(債務整理の方針による)
    • 朝10時から夜10時まで、土日祝日も休まず受付け
    • 匿名・無料で利用可能
    • ご相談時に弁護士費用を事前にお見積もり
  • No.5
  • 新宿事務所
  • 10、20、30、のCMでお馴染みの司法書士法人新宿事務所。電話による過払い金無料診断は365日24時間受け付けています。東京新宿本店・横浜駅前支店・大宮駅前支店・千葉茨城支店・東北仙台支店を持ち、司法書士が全国どこでも依頼者の自宅まで出張相談可能です。

    • 相談無料
    • 完全成功報酬制
    • 秘密厳守