過払い金請求してから住宅ローンを組む際のポイント

過払い金請求してから住宅ローンを組む際のポイント

過払い金請求を行うことで、支払い過ぎていた利息を取り戻すことができるケースがあります。 場合によっては比較的高額になることもありますので、そのような場合「過払い金請求を行いたい」と思ってしまうことでしょう。

しかし、過払い金請求をする際にはいくつか注意点があります。

その注意点の一つとして挙げられるのが、ブラックリストと呼ばれる信用情報機関へ登録されてしまう可能性です。

特にこれから住宅ローンなどの借入を検討している人は、ブラックリストに登録されてしまうとローンを組めなくなる可能性がありますので注意しましょう。

そこで、どのような点に注意して過払い金請求をすればいいかまとめてみました。

\おすすめです/

これから過払い金請求や債務整理をしようと思っている方は、過払い金がいくら発生してているか気になるところだと思います。消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所なら、無料で過払い金の調査ができます。

過払い金の調査だけの利用もOKですし、そのまま依頼することも可能です。まずは、杉山事務所で過払い金がいくら発生しているかチェックしてみましょう。

杉山事務所の公式サイトを見てみる

過払い金請求の概要

wallet-2292428_1920

過払い金とは本来は払う必要がないお金で、カード会社や金融業者に支払いすぎたお金のことを指します。 過払い金請求は、そのお金を金融業者から返還してもらう手続きになります。

具体的には、払いすぎた利息から元金の残高を引いた分が過払い金です。 例えば元金の残高が10万円で、払った利息が40万円だった場合には30万円が過払い金となり、その分の返還請求が可能となります。

しかし、過払い金を回収できないケースというものがあります。

1つは「時効」です。 最後に取引をした日から10年以上経ってしまっているものに対しては請求権がありません。

2つ目は、金融業者が倒産をしてしまった場合です。

3つ目は、違法業者からの過払い金の回収はまず不可能です。 なぜなら、違法業者はそもそも利息制限法の上限を守りません。

さらに業務実態をつかむことも難しく、会社の住所や名義なども不正確であることが多いので、請求自体が困難です。

\おすすめです/

これから過払い金請求や債務整理をしようと思っている方は、過払い金がいくら発生してているか気になるところだと思います。消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所なら、無料で過払い金の調査ができます。

過払い金の調査だけの利用もOKですし、そのまま依頼することも可能です。まずは、杉山事務所で過払い金がいくら発生しているかチェックしてみましょう。

杉山事務所の公式サイトを見てみる

過払い金請求と住宅ローンの関係性

TSUCH160130390I9A6572_TP_V

ブラックリストとは

過払い金請求を行なうことで、ブラックリストに掲載されてしまい、新たな借入が出来ないのではないかと心配する人が少なくありません。

では、そもそもブラックリストとは何でしょうか。

ブラックリストとよく使われていますが、実際にはそのようなリストが存在するわけではありません。 ブラックリストとは、個人信用情報にマイナスの記録である事故情報が記載されている状態のことを言います。

個人信用情報とは、クレジットカードの利用履歴、消費者金融からの借り入れ、携帯電話の分割での購入など、返済の状況が記録されているもののことです。 個人信用情報は信用情報期間が管理しています。

この個人信用情報はローンを組んだり、クレジットカードを発行したりする際に、企業が審査時に参照するもので事故情報があるブラックリストに登録されている状態だと、審査に通りにくくなります。

過払い金請求をしても住宅ローン審査への影響はない

過払い金請求を行なうと、実質的なブラックリストである個人信用情報機関へ登録されてしまい、住宅ローンが組めなくなると心配する人が少なくありません。

しかし、過払い金請求を行っても、ブラックリスト登録されることは基本的に無いので、住宅ローン審査に影響が出ることは無いわけです。

注意点として、過払い金請求を行ったつもりであっても、残債が生じてしまったために任意整理という扱いを受けてしまうと、ブラックリストに登録されてしまいます。

過払い金請求を行った際には、該当する貸金業者に対して債務が無くなり過払い金が手元に戻ってくる状態であれば、残債が発生していないのでブラックリストに登録されることもありません。

住宅ローンを組む際には、個人信用情報機関へ登録されている情報を合わせて確認してみると良いでしょう。

過払い金請求をしても今ある住宅ローンへの影響もない

今現在、住宅ローンを抱えている場合、過払い金請求を行なうと住宅ローンに影響してしまうのでは無いかと心配になりがちです。

正しい知識を持って行なう限りでは、過払い金請求を行っても住宅ローンに影響が出ることはありません。

過払い金請求を行ったつもりであっても、債務が残ってしまう状態で過払い金請求をすると、手続き内容が任意整理へと変わってしまいます。 過払い金請求を行なう際には、債務が完全に無くなることを確認すれば住宅ローンへの影響は無いわけです。

過払い金請求を行なう貸金業者と住宅ローンを組んでいる貸金業者が同一という場合は、ほとんど無いために過払い金請求を行ったからといって住宅ローンに悪影響が出ることはありません。

\おすすめです/

これから過払い金請求や債務整理をしようと思っている方は、過払い金がいくら発生してているか気になるところだと思います。消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所なら、無料で過払い金の調査ができます。

過払い金の調査だけの利用もOKですし、そのまま依頼することも可能です。まずは、杉山事務所で過払い金がいくら発生しているかチェックしてみましょう。

杉山事務所の公式サイトを見てみる

過払い金請求をしたために住宅ローンが組めなくなってしまう時

OOK161104408_TP_V

ローンの審査は信用情報が重要になる

過払い金請求をしたら住宅ローンが組めなくなってしまうのではないか、と心配している方もいらっしゃるかもしれません。

原則的に過払い金請求と住宅ローンの間に関係はなく、過払い金請求をしたために住宅ローンの審査を否決されることはありません。 過払い金請求は「事故」ではありません。

しかしながら、ケースによっては否決されることもまれにあります。 そういったケースについて理解するために、まずは住宅ローンの基本的な仕組みについておさえておきましょう。

銀行などの金融機関が住宅ローンの審査をする際、物件の担保としての価値の他、とりわけ個人の属性を重視することはご存知でしょう。 年収(返済比率)はもちろんのこと、年齢や勤務先の安定性、勤続年数などです。

そして重要になってくるのが個人の信用情報です。

他社も含めた金融機関などからの借り入れや延滞などの事故歴といった信用情報は信用情報機関に登録されます。 俗に言うブラックリストとは、信用情報機関に事故歴が登録されることを指します。 この信用情報に事故歴があれば、住宅ローンの審査は難しくなります。

つまり、審査される個人の属性の中でも、信用情報が健全であることは大前提ということです。

返済中の過払い金請求はブラックリストに登録されてしまう可能性がある

過払い金請求そのものは事故ではなく、また金融庁によって過払い金請求を事故情報として登録することは明確に禁じられています。

しかしながら、過払い金請求を行うことによって住宅ローンが否決されてしまうケースもあるため十分な注意が必要です。

それは、請求後に債務が残ってしまうというケースです。 つまり、請求時の借金の残高よりも戻ってくる金額が少なく、債務が残ってしまうケースということです。

なぜこんな事態になってしまうのかというと、債務を減額する整理手続きとなってしまうからです。 扱いとしては過払い金請求ではなく、任意整理になってしまうのです。

かなり紛らわしいのですが、過払い金の定義を確認してみましょう。

過払い金とは、全ての借金が消えた上で払いすぎて取り戻せる分のお金のことを指しますが、このケースではそもそも過払い金ではないということになってしまうわけです。 任意整理の情報は当然に信用情報機関に登録されるため、住宅ローンの審査は極めて難しいものになってしまいます。

なお、任意整理については任意整理の始まった期間などではなく、完済から5年間信用情報機関に残るため注意が必要です。

もちろんこの期間はずっと住宅ローンを組むのは難しいと考えた方が良いでしょう。

住宅ローンを組む金融機関が、過払い金請求をした業者と関連会社だった場合は組めない可能性がある

過払い金請求を行い残債が残らなかったにもかかわらず、住宅ローンが組めないケースもあるので注意が必要です。 基本的に過払い金請求を行った業者からは、二度と借りる事はできないと考えた方が良いでしょう。

当然過払い金請求は業者にとっては損害であるため、一度でも過払い金請求を行った顧客はいわゆる「自社ブラック」として、それも永年取引しない相手として記録することが多いのです。 例え信用情報機関から事故情報が抹消された後でも、借り入れができない場合がほとんどです。

さらに注意が必要なのがグループ会社です。

過払い金請求先が住宅ローンのグループ会社だった場合、この自社ブラックの情報が共有されているケースも多く、事故歴が無くとも住宅ローンが否決される場合があります。あまり意識されていませんが、大手消費者金融の多くが銀行、それもメガバンクのグループ会社になっています。

また、銀行のカードローンの保証業務を消費者金融が行うなど、両者の関係は非常に密になっており、情報共有も当然のことと考えなくてはいけません。

まずはご自身の借り入れ状況を整理し、心配であれば信用情報機関で個人信用情報開示も可能です。 しかし、これまで述べてきたように過払い金請求には様々な落とし穴もあります。

一度きちんと専門家に相談してみるのがおすすめです。

\おすすめです/

これから過払い金請求や債務整理をしようと思っている方は、過払い金がいくら発生してているか気になるところだと思います。消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所なら、無料で過払い金の調査ができます。

過払い金の調査だけの利用もOKですし、そのまま依頼することも可能です。まずは、杉山事務所で過払い金がいくら発生しているかチェックしてみましょう。

杉山事務所の公式サイトを見てみる

過払い金請求をしてから住宅ローンも組みたい場合

residence-2238987_1920

基本は完済してから過払い金請求をすること

住宅ローンの審査で不利になると考え、過払い金請求を躊躇される方も居ることでしょう。

ところが実際には過払い金請求を行ったからといって、必ずしも住宅ローンが組めなくなるわけではありません。

審査に影響するのは、主にブラックリストとも呼ばれる信用機関に事故情報が記載された場合です。 事故情報が記載される条件には返済の滞りの他に債務整理も含まれているため、過払い金請求を行うとブラックリストに載ってしまうと考えている方が多くなっています。

しかし過払い金請求は基本的には債務整理とは違うものですから、仮に貸金業者に対して返還手続きをしたとしてもブラックリストに登録される心配は殆どありません。

特に完済後に過払い金請求をする場合には手続き中に一時的に情報が記載されることもありませんので、住宅ローンの審査を申し込んだとしても影響はないと考えて良いでしょう。

このように既に借入額が残っていない方は、ローンへの影響を懸念して請求を躊躇する必要はありません。

その一方で返済中に過払い金請求を行うと、状況によっては住宅ローンに影響を及ぼす場合があります。 現在は返済中であるが既に完済の目途は立っているという場合には、それを待ってから請求手続きに移ると良いでしょう。

返済中に過払い金請求をする場合は過払い金で完済できればローンが組める

完済を待たずに過払い金請求を行ったとしても、住宅ローンへの影響をさほど心配しなくて良いケースもあります。

それは返還された過払い金によって借金がゼロになる場合です。

過払い金返還後に借入残高がなければ完済したとみなされるため、信用情報に傷が付くことはありません。

このようなケースであれば、何ら問題なく住宅ローンを申し込むことができます。 引き戻し計算で事前に過払い金の額はわかるようになっていますので、残債と相殺できるか確認してから貸金業者への請求手続きに踏み切るのが得策です。

ただし請求開始から手続き完了までの間、一時的にブラックリストに載る点には注意しなければなりません。

この間に住宅ローンを組もうとすると、信用機関の情報を照会した際に事故情報が目に留まり、審査に通らなくなってしまう可能性があります。

過払い金の返還が済み、借入額がゼロになったことが確認できた時点で情報は削除されますので、それを待ってからローンの申請を行うようにすると良いでしょう。 厳密なタイミングは信用機関によっても異なるため、住宅ローンを組む前に信用情報機関に情報開示を求め、事故情報の記載が削除されているか確認してから申し込むと一層安心です。

住宅ローンを組んでから過払い金請求を行う

引き戻し計算を行い判明した過払い金の額が残債に満たない方が過払い金請求を行うと、任意整理とみなされます。

この場合には手続き開始時に記載された事故情報はそのまま残り、過払い金返還後も5年間は消えることがありません。 事故情報が記載されている期間中であっても住宅ローンの申し込み自体は可能ですが、審査に通る確率は限りなくゼロに近いと言えます。

しかし、中には返済途中ではあるものの過払い金請求は行いたい、尚且つ住宅ローンも組みたいという方も居ることでしょう。

そうした場合には先に住宅ローンを組むという手段もあります。 信用情報を基に審査が行われるのは主に申し込み時です。 一度契約を結ぶのに問題がないと見なされれば、金融機関も返済の度に信用情報をチェックしたりはしません。

申請が通った後に過払い金請求をしたとしても延滞なくきちんとローンを返済していれば、それを理由に解約される心配はないと考えて良いでしょう。

ただし遅延は禁物です。 返済が滞っただけでも事故情報の記載に繋がりますが、その際に既に任意整理のコードが記載されていると金融機関の心証が悪くなり、契約の見直し等に発展してしまう場合があります。

過払い金請求後に住宅ローンを組んだという方は、その点に特に注意するようにしてください。

\おすすめです/

これから過払い金請求や債務整理をしようと思っている方は、過払い金がいくら発生してているか気になるところだと思います。消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所なら、無料で過払い金の調査ができます。

過払い金の調査だけの利用もOKですし、そのまま依頼することも可能です。まずは、杉山事務所で過払い金がいくら発生しているかチェックしてみましょう。

杉山事務所の公式サイトを見てみる

まとめ

0I9A114915030133prezen_TP_V  

過払い金請求をする際、ブラックリストに載る場合がありますが、住宅ローンの審査や、今ある住宅ローンに関して影響はありません。

しかし、過払い金請求をすることによって住宅ローンが組めなくなる場合があります。ローンの審査は信用情報が重要になります。 返済中の過払い金請求はブラックリストに登録されてしまう可能性があります。

また、住宅ローンを組む金融機関が、過払い金請求をした業者と関連会社だった場合は組めない可能性もあります。

過払い金請求後も住宅ローンを組みたい場合は、基本、完済してから過払い金請求をしましょう。

返済中に過払い金請求をする場合は、過払い金で完済できればローンを組むこともできます。 住宅ローンを組んでから過払い金請求を行うようにしましょう。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金の回収金額がNo1
  • 週刊ダイヤモンド誌で過払い金の回収金額がNo1で紹介されています。東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌と全国8事務所に展開していて、該当地域だけでなく無料で出張相談もおこなっている過払い金請求に強い事務所です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 街角相談所-法律- 匿名・無料でベストな解決法をシミュレーション
  • 毎月10,000人以上が利用する借金問題のシミュレーター。解決率はなんと驚異の80%。24時間365日、過払い金だけでなく債務整理などの借金問題に関するすべてを無料で相談ができます。

    • 毎月10,000以上が利用
    • 解決率80%
    • 過払い金も債務整理も相談可能
    • 匿名・無料で利用可能
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応

    公式サイトへ

  • No.3
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 弁護士だからできる解決方法
  • 弁護士にしか弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は他の大手の法律事務所と違って、安心の全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日対応しています。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ

  • No.4
  • アディーレ法律事務所
  • アディーレ法律事務所は、池袋を本店とし、全国に76の支店を持つ法律事務所です。弁護士150名以上を含む総勢900名以上が在籍しています。過払い金請求や債務整理に特化し、借金問題の解決に取り組んでいます。「返金保証制度」を導入しており、満足できなかった場合、90日以内であれば着手金を全額返金するとしています。

    • 債務整理に関するご相談は何度でも無料
    • 弁護士費用は最大12回までの分割払いが可能(債務整理の方針による)
    • 朝10時から夜10時まで、土日祝日も休まず受付け
    • 匿名・無料で利用可能
    • ご相談時に弁護士費用を事前にお見積もり
  • No.5
  • 新宿事務所
  • 10、20、30、のCMでお馴染みの司法書士法人新宿事務所。電話による過払い金無料診断は365日24時間受け付けています。東京新宿本店・横浜駅前支店・大宮駅前支店・千葉茨城支店・東北仙台支店を持ち、司法書士が全国どこでも依頼者の自宅まで出張相談可能です。

    • 相談無料
    • 完全成功報酬制
    • 秘密厳守